2011年01月30日

ニコリ新年会

昨日はニコリの作家新年会でした。
個人的にホットだった気がする話題フラッシュ。

・モチコロに未来はあるのか
・(いつも話題に挙がるけど)ペイントパズルもっと作ろうよ!
・まだ解いてないのに答えページを見ながら振り返るジャイアント最新号
・スラロームの話をいろいろした気がする(あんまおぼえてない)
・最近フィルオミノって存在感薄くね?
・パズルなんでも座の活用方法
・恒例オモパ話
・ぜひ見たい!スケコン常連首脳会談
・タイポグラフィッククロス作成講座
・ぼくのわたしのカックロ論
・暗黙の了解の見解
・チャットモンチーのNEWアルバム楽しみ!

だいたいこんなところか。
なにせ人数多くて時間も短いので、当然全員とは話せないし、どっかでおもしろそうな話題が出ててもなかなか首突っ込めないのが毎年の贅沢な悩みです。
おいしいものもいろいろ食べたいし!
まーそういうわけで、参加された皆さんお疲れ様でした。
posted by 半袖 at 22:36| Comment(2) | TrackBack(0) | パズル

2011年01月26日

ニコリのペンパ2011レビュー へやわけ

0の部屋&ホワイトニング、流行ってきたんじゃねこれ!
この本の問題はそういうの多めのような印象でした。

へやわけ12番 えなじ〜さん
序盤の疾走感と、最後の最後の1の部屋の使い方。ストーリー仕立てな感じでいいです。
へやわけ14番 デイビッドさん
廊下のどっちに黒マスが入るか、のところがリズム感あって楽しい。
へやわけ17番 メタセコイヤさん
2つの部屋くっつけ手筋満載の問題。3つの0の部屋と3×3の1の部屋の爆発力をうまく抑えてる感じ。
へやわけ21番 momongaさん
中央の3はこう決めるのかー。こういう分断禁の使い方はかっこいい。
へやわけ24番 Castyさん
11がいいね!中サイズでこれくらいの部屋があると、ワクワク感がたまりません。
posted by 半袖 at 19:17| Comment(0) | TrackBack(0) | パズル

2011年01月25日

ニコリのペンパ2011レビュー スリリン小サイズ

スリザーリンク8番 高橋誠さん
かたまり部分4ヶ所の決まり方がそれぞれ違ってておもしろい。
スリザーリンク9番 ちみかなさん
上部の3と1の絡みが新鮮。数字の組み合わせでいろいろ応用がきくとこがスリリンの醍醐味ですね。
スリザーリンク10番 アクアブルーさん
真ん中の1はこう決まるのか!最後まで予想がつかなかった。
スリザーリンク11番 湾狼子さん
線の繋がり方がトリッキーで楽しい。小サイズだけどいろいろ詰め込んでる感じ。
スリザーリンク14番 木兄さん
ナナメ配置ってこうやって活かすのね!いや感心してる場合じゃないですけど
スリザーリンク15番 穂摘束さん
端点偶数からババッと決まるダイナミックさがいい!

いまスリリン作ってるんですが、スリリンってこうやって人の問題を解くたびに自分のヘボさが身に染みます。
posted by 半袖 at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | パズル

2011年01月23日

昨日見た夢の話

ニコリのパズルの手筋解説本が出ることになり、半袖さんはホタルビームの信濃川理論について2ページくらいで原稿を書いてください、という依頼が来て、やったーついに信濃川理論が日の目を浴びる機会がやってきたのだー!と喜んでる夢でした。実現するといいね!
posted by 半袖 at 12:16| Comment(2) | TrackBack(0) | パズル

2011年01月16日

のりのりであまりノリノリになれない

いやおもしろいパズルだとは思うんですけどね。
簡単な問題はすっきり解けるし、難しい問題はそれなりに難しくなるし。

でもその難しい手筋の種類が、他のパズルの難しい手筋と比べると、なんかすっきりしたものじゃないなーというふうに感じてしまいます。

ルールや盤面が単純なパズルに難しい手筋があるってことは、その単純なルールや盤面からいろんな情報を読み取らなくちゃいけないなーと。
けっこう、そういう力技な難手筋が、のりのりには多い気がする。
そのへんが引っかかるのかもしれません。

あとは分断禁とかループ禁がある他のパズルと比べて、最後までやりきる達成感みたいなのが薄いのも理由のひとつかもしれないなー。

とか考えているあいだに、パズルザジャイアント24にのりのりも入ってましたね。
それを解いたらまた見解が変わるかもしれないですけどね!
posted by 半袖 at 11:20| Comment(0) | TrackBack(0) | パズル

2011年01月15日

ニコリのペンパ2011レビュー フィルオミノ

フィルオミノ1番 三瀬史学さん
中央の2がダイナミック。んでそれで決まったデコボコ配置を上手く利用してる感じ。
フィルオミノ10番 ペンパ石さん
正統派のたいへん問題。道中の展開をできるだけシンプルにしてるぶん、最後の仕掛けがいい感じに目立ってる印象。
フィルオミノ11番 Gutenさん
外側の空間の埋め方が素敵。四隅こんだけ空いててみんな違う決まり方ですごい。
posted by 半袖 at 20:43| Comment(0) | TrackBack(0) | パズル

2011年01月10日

ニコリのペンパ2011レビュー 美術館

美術館2番 アクアブルーさん
最初のほうは数字の情報だけでスパスパ決まって、最後の最後で救出。全体の流れがきれい。
美術館12番 坂本伸幸さん
2度難所があって、1つめは盤面を狭く見る、2つめは盤面を広く見る、っていう対比がおもしろかったです。
美術館15番 戦く小野君さん
L字型のブロックを散りばめると、こういう感じになるんですねー。あんまり見慣れない感じの解き味ですごく楽しい問題。
美術館16番 momongaさん
こういうチマチマ系はやっぱり紙で解くに限る。しっかり考えさせる感じが好きです。
美術館19番 Gutenさん
なんといっても最後の華やかな仕掛けが目を引きました。
posted by 半袖 at 15:26| Comment(0) | TrackBack(0) | パズル

2011年01月04日

ニコリのペンパ2011レビュー ヤジリン小サイズ

ヤジリン2番 活火山さん
右側内向き2の使い方が新鮮。真ん中で線がつながって、下にある0の横に角ができるんですね。ていうか2番にしては難しいよねこれ。
ヤジリン8番 いなえさん
数字の1つ1つが重責を担ってる感じがいい。次の展開の誘導が親切で、スラスラっと解けます。中央を分断する巨大ループ禁も勢いがあって気持ちいいです。
ヤジリン10番 momongaさん
端点偶数を使った問題。この本ではこの問題で初めて出てくる手筋なんですが、使いどころが後半の要所なのでとてもわかりやすい。
ヤジリン12番 ホーナタタさん
左側の下向き2がいいね!こういうのがたまーに入ってると、ものすごい存在感がありますね。
posted by 半袖 at 18:06| Comment(0) | TrackBack(0) | パズル