2018年10月02日

目指すべきはこの方向性ではない。やじさんかずさん24×14(アゼン)

やじさんかずさん24×14(アゼン)

→ぱずぷれで解く

ルールはこちら
やじさんかずさんというのは非常に気難しいパズルであり、これくらいのサイズの問題を作ろうとすると、よぉーしひさびさにやってやろうじゃん、分断禁をゴリゴリのゴリなかんじで入れてやろうじゃん、ってな具合に、まーだいたいむずかしい問題になっちゃうのだよな。こういうのはひとりにしてくれとかで好きなだけやればいいんだって。やじかずはやっぱ、黒マスになった数字は無効になりますルールをフル活用させて、おいそこの矢印、おいそこの矢印、うそなのかい、ほんとなのかい、どっちなんだい的な手筋で見せていくほうがまだまだ未来はあったかもだね。
トクナキラ氏のこの問題の序盤は、そのあたりの論法が軽快に語られていてとてもステキである。
posted by 半袖 at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | パズル