2019年09月25日

黒マスを繋げやすいホワイトニング。へやわけ24×14(たいへん★★☆)

へやわけ24×14F(たいへん★★☆)

→ぱずぷれで解く



序盤戦。
3in4×4の角を白マスで埋め、に黒マスを入れた場面です。
ここからに黒マスをつなげて分断禁に誘導したいところですが、ホワイトニングで白マスにしてしまうのもひとつの手段です。


1in2×2で1マスだけホワイトニングして上図。
えぇー黒マスのつながり途切れてもったいないじゃんー、とお思いのあなた。
安心してください。つながります。


さきほどの図を1の部屋中心に拡大した図です。
赤い点線のL字型の白マスつながりが実は好形。
またはに白マスが入れば、および方向に黒マスが伸びていきます。


ということで0の部屋を入れてみました。
昔のへやわけの記事(今年のへやわけはホワイトニングが流行る!と言い続けて、はや5年)でも入れた形ですが、あれから8年経った今も羽生九段真っ青の最新型の変化であることに変わりはありません。
流行ってないからね。いつまでも最新型だ。


こんな感じで。
端の3の部屋からへの字型に黒マスがつながっているのがわかりますでしょうか。
このあとはつながった黒マスを活かして大掛かりな分断禁を狙っていきましょう。
posted by 半袖 at 00:53| Comment(0) | TrackBack(0) | パズル