2014年11月20日

ヘルゴルフの話

・・・ぱ、パー7・・・?
私は自分の目を疑った。
うん、パー7だ。手元のスコアカードには、たしかに「7」の表記がある。
世界的に見れば、パー6のホールがあるゴルフ場は少なくはない。しかし「7」となると、ほんの数えるほどしかなかったはずだ。世界的にも珍しいパー7ホールが、こんな下町のど真ん中にあったなんて・・・

そもそもコースマップからおかしい。
10×10のマス目に、謎の記号がいろいろ書いてある。
丸付き数字はおそらく、そのホールのパーセーブ打数を表しているのだろう。
Fの表記はここだけだから、私はいまこの左上の位置にいることになる。

まあ細かいことはいい。とりあえずティーショットを打とう。

・・・!?
か、体が、タテヨコ90度にしか動かない・・・!?
いったいこのゴルフ場は・・・うごごごっ!



さて、唐突に話を始めてしまったが、事の発端は2週間前にさかのぼる。
「東京の蔵前に、ちょっとおもしろいゴルフ場があるらしいぜ。なんでも、そのゴルフ場でプレイしたものは10日以内に・・・う、うわぁああああ〜!」

・・・10日以内に、ゴルフができない体になる。
友人は私にそんな電話をしている最中、エサをねだる飼い猫の不意打ちにあい、右肩に致命傷を負った。
そう、噂が現実のものとなってしまったのだ。

許せない・・・
あんなにゴルフが好きだったアイツの、唯一の楽しみを奪いやがって・・・
次の日私が蔵前に足を運んだのは、当然の成り行きだったのかもしれない。

ゴルフ場はすぐ見つかった。
いや、見つかったという表現は適切ではないだろう。
友人に教えられた住所へ向かうと、そこに立っていたのは黒い外壁の一般住宅。
雑居ビルが立ち並ぶこのあたりの雰囲気からは異質に見えるが、少なくともゴルフ場でないことは確かだ。
あれ?間違えたかな・・・
立ち去ろうとしたそのとき、その表札の文字が目に飛び込んできたのだ。

“HELL GOLF”・・・

思わず私は息を飲んだ。
そして一度深呼吸をして、ドアのインターフォンを押した。

(次回へ続く)
(あまり関係ないけどヘルゴルフのルールはこちら
posted by 半袖 at 20:34| Comment(0) | TrackBack(0) | パズル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/105793881

この記事へのトラックバック