2016年04月04日

ニコリ152号のリモネン氏へやわけSGを語る。

こんにちわ。
Everyday, ショートスリーブ!
半袖です。

本日は、表題の件について書きたいと思います。
書きたいと・・・思います・・・
うぅっ、頭が・・・

なぜ頭が重いのかといいますと。
思い起こせば、忘れもしない半年前の2015年9月。
私はニコリ出版物メールに記載された152号紹介文に、胸を弾ませておりました。

>>>
・・・今号では「オモロパズルのできるまで」の
コーナーで、かなり大きな動きがあり必見。とじこみではクロスワード
のほか、カックロ、へやわけ、ましゅが巨大サイズで解けます。
ほか、
連載読み物もコンテストも充実。・・・
>>>


ハイ、キタコレ!と。
152号向けに、へやわけのスーパージャイアント問題を投稿していたのです私。
へやわけのSGなんか相当の物好きじゃなきゃ送らないし、こりゃー載っちゃったなーと余裕をぶっこいていたわけですね。

しかし・・・
9月10日を過ぎても、なかなか掲載誌は届きません。
いやー配達ミスかー困っちゃうなー、いやしかしそれにしても遅いなー、まーもう少し待ってみるか、と。

・・・そして、30年の月日が流れたのです・・・



という長い前フリを経て、本日は(同時投稿の私のへやわけSGがボツになり)152号に掲載されたリモネンさんのへやわけSGについて書きます。

-------------------------------------------------------------

さて、結論から言ってしまいますと、このリモネンへやわけSGは名作です。
私のSGなんぞ箸にも棒にもかからぬくらいに。
いや、棒っきれくらいにはかかりますかね。まーいいんですボツはボツだから。
だいじょうぶだよ半袖くん!自信持って!
(いま、涙を流しながらこの文章を書いています)

リモネンさんのパーソナルな部分を掘り下げてみましょう。
私はたぶんリモネンさんに直接お会いしたことはないのですが、お名前でググってみるとどうやら『京都大学パズル同好会』のメンバーのようです。
かの有名なチェバの定理氏(ビラがパズルの人)が作ったパズルサークルですね。
ということで、学生作家勢の方はお会いしたことのある方も多いかもしれません。

私の記憶では、数年前にいきなりスリザーリンクのスーパージャイアントをニコリ本誌に掲載して、その後もスリリン中心にSGをバンバン載せてらっしゃる感じじゃなかったかなと記憶してます。
(間違ってたらすんません)

-------------------------------------------------------------

そして今回のへやわけSGの話にうつりましょう。
(わりと問題に関するネタバレ入ってますので注意)

入口は盤面全体各所に散らばせた形。
いろんな見せ方を反復的に使っているのが特徴的で、部屋割りの見た目も華やか。
このあたりはにゃんこばずうか氏のへやわけSGを彷彿とさせます。

が、解き進めてみるとちょっとにゃんばず氏とは違う感じで、どちらかというとリモネン氏自身のスリリンSGの特徴的なアプローチを、へやわけバージョンに置き換えて作っているのかなーという印象がありました。
手筋から入るのではなく、部屋の並べ方(スリリンでいうところの表出数字位置)から新たな展開を見つける、という感じの。
そういう意味で考えると、チェバ氏とかアセトニトリル氏とかのへやわけにも相通じる部分がありますかね。
下部の「腹の白」の連発なんかも特徴的で、今まで見たことのない新鮮な解き筋が味わえます。

-------------------------------------------------------------

で、中盤をサクサク進めて終盤の盤面中央部。
4in3×3の連発地帯が、多くの人にとってこの問題の最終地点になります。

このエリアもリモネンさんならではの工夫?を感じました。
端からの分断禁で難易度の高い展開にもできるところを、分断禁は極力使わず、三連禁主体の確定で盤面を埋めています。
ドロドロの昼ドラ愛憎劇的展開を避けて、いろいろあったけどァタシたちズッ友だょ・・・的さわやかな青春ドラマに落ち着けているわけですね。
このあたりは学ばなければなりません。わりと私くらいの世代のへやわけ作家は、ドロドロ昼ドラ愛憎劇展開が好きな気がするので。
(実際、ボツになった私の問題も15in5×なんちゃらみたいな牡丹と薔薇的部屋が入っていました)

-------------------------------------------------------------

ということで、お手元にニコリ152号がないと何のこっちゃらな内容のレビューでしたが、ざーっと書いてみました。
またリモネンさんの大きなへやわけ解いてみたいですね。
でも本誌は投稿被るといやだから、投稿タイミングを裏で交渉したりしようか!なんてね!
いやいや今度は私が載せますので。
私のへやわけ作りもここ数年変わらず、ホワイトニングと大規模分断禁でまったりじっくりな問題が多かったのですが、そろそろ新しいことにもチャレンジしていかねばならないなあ、でも牡丹と薔薇もいいよね、と感じるきっかけとなる、素晴らしい問題でした。
posted by 半袖 at 19:12| Comment(2) | TrackBack(0) | パズル
この記事へのコメント
初めまして。リモネンです。いろいろと書いてくださってありがとうございます。うれしくて何度も読み返しました。半袖さんは2年前の新年会で見かけたような気がします。

さてさて。せっかくなので、コメントさせていただくと、実はこれ”151”号用に投稿した問題です。へやわけが151号に載らなかった時点で正直なところあきらめてました。というわけで半袖さんと投稿時期はかぶっていないのです笑。

ちょっと補足させていただくと
反復は5,6回と決めています。解き慣れていない人でも気付けるけれども、解きなれている人がぎりぎり飽きない程度の回数だと思っています。

分断禁については、数字が入っているマス、例えば2in2x2とかでの分断禁以外は入れませんでした。今回のSGは全体的にサクサクって感じにしたかったので、大きめの分断禁は入れないようにしました。数字のない分断禁はサイズが大きいほど難しくなると思っています。もちろん”15in5xなんちゃら”とか入っていたら入れると思いますが、今回の雰囲気には合わないかなあと思って入れませんでした。

最近忙しいのもあり二コリにはなかなか投稿できない状態になっています。また作ったらいつか発表したいと思います。ひょっとしたらニコリじゃないところかもしれませんが。ありがとうございました!
Posted by リモネン at 2016年04月08日 22:09
リモネンさん、こんにちわ!
ご返信ありがとうございます。

分断禁はやっぱりそんな感じでしたかー。
場面場面で使い分けるのは重要ですね。
端からもってくるとどうしても作者のエゴが出てしまいますもんね。
Posted by 半袖 at 2016年04月12日 19:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/174763582

この記事へのトラックバック