2016年08月17日

続・外向き3連禁と内向き3連禁とおっぱい

こんにちわ。半袖です。
本日は、2年ほど前に書いたへやわけの記事「外向き3連禁と内向き3連禁とおっぱい」の続きを書いていきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

前回の記事では、
・へやわけの3連禁には「外向き3連禁」と「内向き3連禁」がある。
・おっぱいには「外交的おっぱい」と「内向的おっぱい」がある。
・両者の間には深い関係性があるのではないか?

ということを書かせていただきました。
ここまでのご理解はよろしいでしょうか。

さて前回の記事では、外交的おっぱいの例として夏目理緒を挙げました。
夏目理緒、いいですね。
この記事を書いている2016年8月はまさに「リオオリンピック」開催期間中でありますが、そういえば夏目理緒も「理緒のカーニバル」というDVDを出してましたね。私も持ってます。

ただこの記事で書きたいのは夏目理緒の「外交的おっぱい」ではありません。
「内向的おっぱい」の魅力について書きたいのです。

いや、違います。そうではありません。
おっぱいのことを書きたいのではなく、へやわけの3連禁の魅力について語るうえで、そのわかりやすい例としておっぱいを挙げただけの話であり、おっぱいの話はサクッと終わらせなければいけません。
ニコリのパズルは女性の方もたくさん解いていらっしゃいます。私なんかがおっぱいの話を持ち出して、えぇーニコリのパズル作ってる人ってこんな気持ち悪い人ばっかなの?という悪評が持ち上がったりしたら、ニコリさんにも迷惑がかかるでしょう。

しかしここまで引っ張ってしまった以上、私には「へやわけ」と「おっぱい」について最後まで語る使命があります。
「外向き3連禁」と「内向き3連禁」の違いを理解するうえで、それをおっぱいの特性に置き換えて考える発想は、これまで誰も考えたことのない、新たな気付きを得られる研究内容であることに間違いはありません。

本エントリーは前置きが長くなってしまいましたのでこのあたりで締めますが、次回こそは「内向的おっぱい」とは何か。その魅力とは。そして皆さん注目の、へやわけとおっぱいの関連性とは。について、しっかりと語っていきたいと思います。
それがいつになるかは、私にもわかりません。明日にアップされるかもしれないし、1か月後かもしれない。今回のように2年後のアップかもしれないし、あるいは20年後くらいに暴露的にご披露する可能性もあるでしょう。

「外向き3連禁」と「内向き3連禁」。
そして「外交的おっぱい」と「内向的おっぱい」。
みんなちがって、みんないい。
そんな感じで、本日は締めたいと思います。ありがとうございました。
posted by 半袖 at 18:34| Comment(0) | TrackBack(0) | パズル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/176513810

この記事へのトラックバック