2011年12月28日

フィルオミノに関する古典を紐解く

フィルオミノに関することをなんか書きたいなーと思いつつ、なかなか書くネタがなかったのですが。
ちょっとフィルオミノの過去の文献を漁ってみようかなーという気になりまして。
漁ってみました。

-----------------------------------------------------

フィルオミノは、大きく分けると5つの手筋に分類できます。
その分類をしたのが、現ニコリスタッフのももてれうさんです。

フィルオミノでおもうこと。(Impatientをクリック)
いきなりむずかしい話ですが。

「基本伸び」これはいいですよね。
4だったらわーっと4マス伸びる、みたいなの。

「弾き」これもわかりやすいですよね。
2と2がナナメに接していたらバーンと弾かれるようなやつ。

「発生」フィルオミノ独自の手筋。
閉じられた空間で、このマスにはこの数字しか入らないからこの数字だよ、というの。
1マスだけなら1、2マスだけなら2、3マスだと3か1-2の2パターン。
中級問題とかでもこれくらいならよく出てきますね。

ももてれうさんによれば、上の3つの手筋+「発生回避」を入れて、4つの手筋に分類できる、という見解を発表したあと、「発生回避」を「吸いこみ」「噴き出し」にの2つに分け、全部で5つの手筋で分類しています。

「吸いこみ」
へこんでいる部分に、数字がスーッと入っていく手筋。
「噴き出し」
へこんでいる部分に、数字が入らずへこみが拡がっていく手筋。

ももてれうさんはこの「発生回避」のうち、「噴き出し」のほうで魅せていけ、ということで2002年12月時点の見解を締めています。
私は「吸いこみ」大好きなんですけどねー。

-----------------------------------------------------

んで、それから2年後。
同じくももてれうさんが、ブログでフィルオミノについて語ってます。
なげかける問い

その中から一部転載。

> > >
フィルオミノの発生にかんする手筋として吸込みと吹出しがあるけれども、吹出しで魅せていったほうがいい、これ当然そうね、ということをかねがね主張してきたわたくしであり、実際その信念は揺らいでいない、というかますます強化される一方である。それというのも11月に発売された、ペンパMIX!で多数、発生の手筋が使われていたのだけれど、おもうにちょっとつまらくない?ていうかまあインパクトはあるんだが、なんか発生にこだわって、その他の部分がいかにも処理しました風情になっていたりしてなんかいや、である問題がややみられたんじゃあなかろうか。
> > >


こんなでっかい数字が発生するんだぜ―、という問題がすごく流行った時期があって、たぶんこの頃くらいだったような気がします。
そういうタイプの問題って、使う手筋のメインディッシュが「発生」になってしまって、「発生」に結び付けるための噴き出しやら数字伸び、みたいになっちゃうパターンが多い気がします。
発生は発生でおもしろいんですけどねー。
まー私はあんま好みじゃなかったりしますけども。

さて、ももてれう氏は同じページの後半に、「伸び」+「弾き」がいいんだぜ、ということも書いてます。

> > >
でここのところフィルオミノを作る折、約1年前に発掘した数字の配置を導入して作っています。すなわちこないだのペンパMIX!、でものったあの数字ぎっしりの配置でつぎつぎ押し出し押し出しして解けていくやつね。であれは実際俺はもうはまっていて、ほかの人にもどんどんぱくっていただきたいと切望するほどにはまっているのだ。で、作るほどに解くほどにまったく面白いなあと感心するような幸せな状態でもある。で、MIXのにゃんこばずうかさんの問題もそうなんだけど、私がフィルオミノで面白いとおもうのは数字ののび、弾きにかんする手筋で、発生もいいけどぜったい伸び・弾き連合軍のほうがいいよなあなんて感じてこれは他のみなさんもそうなんだろうかとここのところゆれるこころなのである。
> > >


ももてれうさんがパズル・ザ・ジャイアントにフィルオミノを載せていたころ、よく作っていたタイプの問題です。
今までのフィルオミノには無かった風合の手筋で、すげーおもしろいんですが、マネできる人がいなくて結局流行らなかった、という印象です。
自分もがんばりましたが、やっぱだめでした。
だれかがんばって!

さて、それから半年後。
ももてれうさんが再び、フィルオミノに関する記事を投稿してます。
夏だし暑いから言いたい事をいってもいいじゃないって思った。夏だし

それ以降、フィルオミノに関する記述はWeb上からパッタリ姿を消し…
細々と中堅クラスの人気をキープしつつ、今に至る、という感じの印象。

第一人者がスタッフに回ってしまって以降、フィルオミノに関する明るい話題をあまり聞きません。
今年はSG載ってたけどねー。
来年はもうちょっとフィルオミノを作りたいなと思ってます。

シャカシャカとかのりのりに負けない!
posted by 半袖 at 18:18| Comment(0) | TrackBack(0) | パズル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/52533966

この記事へのトラックバック