2011年05月07日

パズルBOX10が出るらしい

何年ぶり?すごくひさびさ!

過去の2軍オモパも載るんでしょうか。
8月発売なら5月末投稿が間に合うはずなので、みなさん今のうちに復活してほしいパズルを作っときましょう。
私はホタルビームとたすくえあ応援します。
posted by 半袖 at 14:06| Comment(0) | TrackBack(0) | パズル

2011年04月17日

配信しました!

昨日、パズル配信やりました。
動画

ぬりかべを2問作成しました。
自分が作ってるとこを配信するのではなく、見てる人のレスで問題を作る、という形でやってみました。
うまくいくかどうか不安だったんですが、2問ともとてもいい問題に仕上がったんじゃないかと思います。
参加してくださったみなさん、ありがとうございました!

1問目
難易度らくらく。
とりあえず適当に四隅に数字入れてスタート。
突然発生の白マスを自然に拾ってく感じで、とてもよろしいです。

2問目
難易度たいへん。
「なんか空中にドカンと入れたいなー1の斜め全部に数字入れる配置とか」
「i列に、横から1つおきに全部5入れましょうぜ!w」
といった皆さんのご要望にお応えして、なかなかワイルドな問題に仕上がりました。
一番苦労したのは左上の5かなー。
右上も大変だったけど、184さんの案を採用してうまくまとまりました。

久々のパズル配信でしたが、とてもたのしかったです。
また近いうちにやりたいですね!
posted by 半袖 at 14:45| Comment(0) | TrackBack(0) | パズル

2011年04月16日

ひさびさにパズル配信やります

twitterのほうで告知しましたが、今夜ひさびさ(3年ぶり?)にパズル配信やります。
内容はぬりかべ作成(みんなで)です。
予告動画UPしました。
http://livetube.cc/%E5%8D%8A%E8%A2%96
ひまな人はみにきてね!
posted by 半袖 at 16:35| Comment(0) | TrackBack(0) | パズル

2011年04月10日

掲載記録 4月

とことんスリザーリンクに2問載りました。
むずかしめのスリザーリンクがたくさん載ってる本です。
4問送って、2問がはっちゃけた問題、2問がはっちゃけなかった問題だったんですが、はっちゃけなかった2問が載りました。
はっちゃけ方がまだわかってないようです。

スリリンは、依頼が来たときにしか作ってません。
ということはだいたい1年に1回くらいでしょうか。
毎回、作ってるうちに、あーこうやって作ればいいのか!とだんだんわかってくる感じなんですが、締め切りのタイムアップのほうが先に来てしまい、一向に上達しません。
解いてても他の人の問題解くほうがぜんぜんおもしろいんですよねぇ。
posted by 半袖 at 01:02| Comment(0) | TrackBack(0) | パズル

2011年04月04日

ひとりにしてくれの数字埋め

ひとりにしてくれの問題を作るとき、「数字埋め」という作業があります。
問題の展開と関係ないところにあるマスを、他と重複しないように数字を入れていく、という「作業」です。
文字通り「作業」でして、パズルでも何でもない労働です。
この「数字埋め」は、当然ながらあまり大っぴらに語られるところでもないのですが、そのぶん、人それぞれのやり方だとか、こだわりみたいなものが実はあるんじゃないのかなー、と。
いやまあ、私はあまりないんですけど。


■ ちなみに私のやり方(17×17の場合)

1) 基本的に紙で作業。カラーペンで埋めていく。
(他の意味のある白マスと区別するため)
2) 左上から1マスずつ、1→2→3→…、と入る数字を探して埋めていく。
3) 2行くらい埋めると大体飽きるので、気分転換にわーーーっと12とか16とか適当な数字を全体に入れまくる。
4) 以下、2)と3)を繰り返し。
5) 終盤、ハタン発生!(入れる数字がない!まあ8割くらいの確率でこうなる)
序盤で埋めたマスと数字を入れ替えてなんとかする。
6) 完成。解き直し。
7) わあ!ハタンだ!数字入れ直s(以下略


■ 入れるときに気をつけること

★ 数字埋め白マスと黒マスを重複させない
白マス同士の重複を避けるのは当然なんですが、数字埋め白マスと黒マスの重複をチェックするのもけっこう大事!
後のほうで入るべき黒マスが先に決まっちゃったりして、展開がメチャクチャになる可能性大。
白マス同士の重複なら解き直して別解チェックで引っかかることが多いけど、このパターンは解き直しても気づかずスルーしてしまうことが多いのです。
ただし、黒マスと重複させずに数字埋めした数字は、全て1行に1個しか入らないことになります。
つまり、最初から白マスになるってのが決定してしまうってことですね。
そのへんがちょっとどうなの?と思ってる人はけっこういるかもしれない。

★黒マスと重複させるなら入口を使う
たとえば3連数字(777とか)の両端列など。
ここの数字との重複なら、展開がメチャクチャになることはないし、逆にその入り口を発見するヒントにもなったりするかもしれない。

★黒マスが少ない列から埋めていくとハタンしにくい
埋める数字が多い列が最後まで残ると、終盤やりくりがつらくなります。
手ごわそうなところから埋めていくのがいいらしい。


■ その他、パズルを作っている人から聞いたことのある話

★ 同じ数字がナナメに隣接すると、あんま見た目がキレイじゃない
そう言われてみればそうかもしれない。
私はあんまり気にしてません。

★ 作るときにあまり使わない数字を残しておいて、数字埋めでその数字を活躍させる
ナンスケ作りとかでもよくやる方法。
ひとりにしてくれでも有効なんでしょうか。

★ 作るときは1ケタ数字をなるべく使って、数字埋めはなるべく2ケタ数字を使う
そこまで考えて出来たらすごいよね。

★ 自動でやってもらう
まいなすよん氏記事
ごめんなさいあんまこういうの詳しくなくて><


■ 最後に

今回のテーマと全然関係ないですが、ちょっと前にtwitterで話題になった、「ひとりにしてくれ全表出について」のまとめのリンクを貼っておきます。
これもなかなかおもしろい話題だったよね。
posted by 半袖 at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | パズル

2011年04月01日

ふと思ったへやわけの話

へやわけで、「黒マスが決まる」「白マスが決まる」ってのは、具体的にどういう状況によって決まってるのかなあ、とおもいまして。
で、分類してみたらおもしろいかなーと思ったわけです。

「黒マスが決まる」

A) 数字型
このマスが白マスになると、部屋の数字以下の黒マス数になってしまうので、黒マス。


B) 三連禁型
このマスが白マスになると、白マスが3部屋にわたって連続してしまうので、黒マス。


この2つ?と思ったんだけど、たとえばこういう状況で決まる黒マスは、AとBどちらにも分類できないのではないか?と思いまして。


でもよく考えてみれば、強引にAとしてとらえることもできるかもしれないなー、と思っていた矢先、じゃーこのパターンならAには分類できないんじゃね?ということになり。


とまあ収拾がつかなくなったんですが、そうか、先に白マスを考えればいいのかも?と思いつきました。

「白マスが決まる」

a) 隣接禁型
このマスが黒マスになると、黒マスが隣接してしまうので、白マス。


b) 分断禁型
このマスが黒マスになると、盤面が分断されてしまうので、白マス。


c) 数字型
このマスが黒マスになると、部屋の数字より黒マスが多くなってしまうので、白マス。


これで考えるとこれっていうのは、

b) 分断禁型で白マスが決まって、
B) 三連禁型で黒マスが決まるってことなんですね。

というわけで、黒マス決定のAB、白マス決定のabcをもとに、ニコリ公式webのへやわけ例題を解いたらどうなるのか、というのが下図。


なんかよくわかんないけどすげえ!

パッと見で気になるのはやはりc) 数字型の少なさで、やっぱ今後のへやわけ界でカギを握るのはこいつなんじゃないかな、と改めて思いました。

なんかでも、まだこの5パターンに分類できないような黒マス、白マスの決まり方がありそうな気もする。
どうなんでしょうかね?
posted by 半袖 at 22:45| Comment(3) | TrackBack(0) | パズル

2011年03月17日

掲載記録 3月

■ ニコリ134号
中サイズ2問掲載。
四角に切れは着順発表問題でした。
初めてなのでうれしい!

・ ヤジリン5番
できるだけ線の流れをシンプルに。
ここんとこ毎回こういう基本に忠実に的な方針で作ってますが、そろそろなんか新しいこともしてみたい。
・ 四角に切れ7番
本誌コメントにある通り、終盤かなり難しいです。
もうちょい序盤を難しくするか、終盤を簡単にしたほうがバランスがよかったかも。
でもまー中サイズの3問目だし、これはこれでありだよね!

今号からリニューアルで、パズル1種類ごとたくさん問題が載るようになりました。
いままでの満遍なく載せるスタンスよりも、1つのパズルでいろんな問題が解けるし、私はこっちのスタイルのほうが好みかもしれません。
へやわけが載ってないのはビックリしたけどね!
まー次号に期待です。


■ ペンパ本 四角に切れ3
4問投稿3問掲載でした。
もうちょいがんばって問題作んないといけませんね。
そして華麗に、ペンパ本10×10サイズ連続ボツ記録を更新しました(たぶん5年くらい載ってない)。

・ 41番
けっこうやさしめなイメージで作ったつもりだったんだけど、掲載は10×18サイズ後半のほうでした。
展開が細々してるから意外と難しいのかな。
・ 71番
4つある9とその周りの決まり方がポイント。
というかそれをやりたいがだけの問題のような気がしないでもない。
・ 86番
3連玉をたくさんいれて、なるべく簡単にしようとした問題。
と思って作ってたんだけど、解いてみたらそんなにすっきり決まらないんですね。

四角に切れは、私にとってはニコリで一番最初に載ったパズル。
やっぱり思い入れがあります。
人気の再燃はニコリコムの影響なんでしょうか。
とてもうれしいです。
つぎはナンスケだな!
posted by 半袖 at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | パズル

2011年02月06日

人生初数独

きょう、人生で初めて数独を作りました。
数独はほんと苦手で、ニコリコムとかだと下から20%くらいのタイムでしか解けないんですが、そのぶんそういう下手な人でもわかりやすい問題が作れたらいいなーと思ってます。
投稿の手引きにしたがって、「ニコリ掲載希望」と書こうかな。
今月は余裕があれば、他にもいままで作ったことないやつにチャレンジしたいです。
posted by 半袖 at 22:06| Comment(1) | TrackBack(0) | パズル

2011年02月05日

同人誌的な

「昨日見た夢の話」の記事のまいなすよんさんのコメントを見返して。

いや、やっぱアリじゃね?と思い始めました。
パズルの自作問題を持ち寄って本作成、みたいなのに興味はないんですが、もっと読み物的なもの。
1人1ページとか担当して、作り方解説するもよし、誰かと対談するもよし、チャットモンチーの魅力について語るのは悪し、みたいな感じの。
本作るのが現実的に難しいとしても、PDFかなんかでWeb本みたいのなら楽にできる!
こういう内容はニコリで扱えるものじゃないし、そういうものこそ有志で作る価値があると思います。
posted by 半袖 at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | パズル

2011年02月03日

のりのりでノリノリになった

つくってみたらおもしれーじゃんのりのり!
ノリノリになれないとかいってたこの記事は無しで!
のりのりファンのみなさんごめんなさい!
posted by 半袖 at 22:56| Comment(2) | TrackBack(0) | パズル

2011年02月01日

クロスワードなどのパズルスレ

いまから10年くらい前。
インターネットの交流っていったら、ホームページと掲示板が全盛の時代でした。
パズル界隈も例外ではなく、にゃんばずさんやらアセさんやら赤い魔術師さんなど(こうやって名前列挙すると挙げきれなくて申し訳ないのですが)、パズル界の巨匠が自分のサイトを持ち、掲示板でパズルに関する濃ゆい話を展開していました。

んで、いま2011年。
掲示板のほとんどすべてのログが、どっか彼方に消え去ってしまってます。
いやー、もったいない。
誰かログ残してないのかねー。

しかしながら、そんな時代の雰囲気のログをいまも消えずに色濃く残してるのが、2chの『クロスワードなどのパズル』スレではないでしょうか。

2chパズルスレ パズル倉庫(下のほうの過去ログリンクから飛んでください)
http://www.geocities.co.jp/Playtown/1180/

いまは2chのパズル板もあんま盛り上がってないけど、当時は専用板も持たず(趣味一般板とかだっけ?)こんだけ盛り上がってたんだぜーってのが、10年経って見返してみても伝わってきます。
というわけで、いま見てもいろいろ感慨深いものがあるなーと思い、ここで紹介してみた感じです。
時間のあるときに読んでみてね!
posted by 半袖 at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | パズル

2011年01月30日

ニコリ新年会

昨日はニコリの作家新年会でした。
個人的にホットだった気がする話題フラッシュ。

・モチコロに未来はあるのか
・(いつも話題に挙がるけど)ペイントパズルもっと作ろうよ!
・まだ解いてないのに答えページを見ながら振り返るジャイアント最新号
・スラロームの話をいろいろした気がする(あんまおぼえてない)
・最近フィルオミノって存在感薄くね?
・パズルなんでも座の活用方法
・恒例オモパ話
・ぜひ見たい!スケコン常連首脳会談
・タイポグラフィッククロス作成講座
・ぼくのわたしのカックロ論
・暗黙の了解の見解
・チャットモンチーのNEWアルバム楽しみ!

だいたいこんなところか。
なにせ人数多くて時間も短いので、当然全員とは話せないし、どっかでおもしろそうな話題が出ててもなかなか首突っ込めないのが毎年の贅沢な悩みです。
おいしいものもいろいろ食べたいし!
まーそういうわけで、参加された皆さんお疲れ様でした。
posted by 半袖 at 22:36| Comment(2) | TrackBack(0) | パズル

2011年01月26日

ニコリのペンパ2011レビュー へやわけ

0の部屋&ホワイトニング、流行ってきたんじゃねこれ!
この本の問題はそういうの多めのような印象でした。

へやわけ12番 えなじ〜さん
序盤の疾走感と、最後の最後の1の部屋の使い方。ストーリー仕立てな感じでいいです。
へやわけ14番 デイビッドさん
廊下のどっちに黒マスが入るか、のところがリズム感あって楽しい。
へやわけ17番 メタセコイヤさん
2つの部屋くっつけ手筋満載の問題。3つの0の部屋と3×3の1の部屋の爆発力をうまく抑えてる感じ。
へやわけ21番 momongaさん
中央の3はこう決めるのかー。こういう分断禁の使い方はかっこいい。
へやわけ24番 Castyさん
11がいいね!中サイズでこれくらいの部屋があると、ワクワク感がたまりません。
posted by 半袖 at 19:17| Comment(0) | TrackBack(0) | パズル

2011年01月25日

ニコリのペンパ2011レビュー スリリン小サイズ

スリザーリンク8番 高橋誠さん
かたまり部分4ヶ所の決まり方がそれぞれ違ってておもしろい。
スリザーリンク9番 ちみかなさん
上部の3と1の絡みが新鮮。数字の組み合わせでいろいろ応用がきくとこがスリリンの醍醐味ですね。
スリザーリンク10番 アクアブルーさん
真ん中の1はこう決まるのか!最後まで予想がつかなかった。
スリザーリンク11番 湾狼子さん
線の繋がり方がトリッキーで楽しい。小サイズだけどいろいろ詰め込んでる感じ。
スリザーリンク14番 木兄さん
ナナメ配置ってこうやって活かすのね!いや感心してる場合じゃないですけど
スリザーリンク15番 穂摘束さん
端点偶数からババッと決まるダイナミックさがいい!

いまスリリン作ってるんですが、スリリンってこうやって人の問題を解くたびに自分のヘボさが身に染みます。
posted by 半袖 at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | パズル

2011年01月23日

昨日見た夢の話

ニコリのパズルの手筋解説本が出ることになり、半袖さんはホタルビームの信濃川理論について2ページくらいで原稿を書いてください、という依頼が来て、やったーついに信濃川理論が日の目を浴びる機会がやってきたのだー!と喜んでる夢でした。実現するといいね!
posted by 半袖 at 12:16| Comment(2) | TrackBack(0) | パズル

2011年01月16日

のりのりであまりノリノリになれない

いやおもしろいパズルだとは思うんですけどね。
簡単な問題はすっきり解けるし、難しい問題はそれなりに難しくなるし。

でもその難しい手筋の種類が、他のパズルの難しい手筋と比べると、なんかすっきりしたものじゃないなーというふうに感じてしまいます。

ルールや盤面が単純なパズルに難しい手筋があるってことは、その単純なルールや盤面からいろんな情報を読み取らなくちゃいけないなーと。
けっこう、そういう力技な難手筋が、のりのりには多い気がする。
そのへんが引っかかるのかもしれません。

あとは分断禁とかループ禁がある他のパズルと比べて、最後までやりきる達成感みたいなのが薄いのも理由のひとつかもしれないなー。

とか考えているあいだに、パズルザジャイアント24にのりのりも入ってましたね。
それを解いたらまた見解が変わるかもしれないですけどね!
posted by 半袖 at 11:20| Comment(0) | TrackBack(0) | パズル

2011年01月15日

ニコリのペンパ2011レビュー フィルオミノ

フィルオミノ1番 三瀬史学さん
中央の2がダイナミック。んでそれで決まったデコボコ配置を上手く利用してる感じ。
フィルオミノ10番 ペンパ石さん
正統派のたいへん問題。道中の展開をできるだけシンプルにしてるぶん、最後の仕掛けがいい感じに目立ってる印象。
フィルオミノ11番 Gutenさん
外側の空間の埋め方が素敵。四隅こんだけ空いててみんな違う決まり方ですごい。
posted by 半袖 at 20:43| Comment(0) | TrackBack(0) | パズル

2011年01月10日

ニコリのペンパ2011レビュー 美術館

美術館2番 アクアブルーさん
最初のほうは数字の情報だけでスパスパ決まって、最後の最後で救出。全体の流れがきれい。
美術館12番 坂本伸幸さん
2度難所があって、1つめは盤面を狭く見る、2つめは盤面を広く見る、っていう対比がおもしろかったです。
美術館15番 戦く小野君さん
L字型のブロックを散りばめると、こういう感じになるんですねー。あんまり見慣れない感じの解き味ですごく楽しい問題。
美術館16番 momongaさん
こういうチマチマ系はやっぱり紙で解くに限る。しっかり考えさせる感じが好きです。
美術館19番 Gutenさん
なんといっても最後の華やかな仕掛けが目を引きました。
posted by 半袖 at 15:26| Comment(0) | TrackBack(0) | パズル

2011年01月04日

ニコリのペンパ2011レビュー ヤジリン小サイズ

ヤジリン2番 活火山さん
右側内向き2の使い方が新鮮。真ん中で線がつながって、下にある0の横に角ができるんですね。ていうか2番にしては難しいよねこれ。
ヤジリン8番 いなえさん
数字の1つ1つが重責を担ってる感じがいい。次の展開の誘導が親切で、スラスラっと解けます。中央を分断する巨大ループ禁も勢いがあって気持ちいいです。
ヤジリン10番 momongaさん
端点偶数を使った問題。この本ではこの問題で初めて出てくる手筋なんですが、使いどころが後半の要所なのでとてもわかりやすい。
ヤジリン12番 ホーナタタさん
左側の下向き2がいいね!こういうのがたまーに入ってると、ものすごい存在感がありますね。
posted by 半袖 at 18:06| Comment(0) | TrackBack(0) | パズル

2010年12月31日

へやわけ丸おもしろかった問題レビュー ジャイアント編

→小サイズ編
→中サイズ編

わあ!おおみそかだ!
いまさらだけど書きます。

102番 坂本伸幸さん
序盤のスラスラ決まる流れから、後半の方向転換がなかなか確定しない感じへの移り変わりがおもしろい。
103番 真坂川ラッコさん
見てのとおりの数字対称問題。それだけでも完成させるの難しいのに、途中の展開もいろんな手筋が詰まってて飽きがこないです。
108番 戦く小野君さん
小さめの分断禁を多用したスタンダードな問題。手がとまらずテンポよく決まるんだけど、展開を拡げすぎず本線をしっかり誘導してくれるあたりが親切設計。
112番 みゅーなさん
インタビューでも触れたとおり、私は大のみゅーなへやわけファンなんですが、これもみゅーなさんの味が随所に見られる名作。分断禁はあまり使い過ぎず、ホワイトニング(3の部屋に3つ黒マスを入れて、残りを白マスにする等)で決まった白マスを使って次の展開に誘導するって手法、自分のへやわけ作りに多大なる影響を与えてます。
118番 チェバの定理さん
過去に一世を風靡した、5×5の部屋にスポットを当てた問題。やっぱ楽しいねー5×5は。9個入ってるんですが、どれも違う決まり方で味があります。
119番 ゆーたんさん
ゆーたんさんらしい、長めの大部屋を多用した問題。盤面全体を使った分断禁でかなり難しいですが、解き甲斐があります。

ハイパー2 おらけさん
自分作の1とは、使ってる手筋とか展開とか全然違う毛色なんで、2問でうまく対比になってよかったなーと思います。大部屋はけっこう新しい決まり方が満載で楽しいね。まだまだへやわけも未開の領域がけっこうあるんですねー。

今年もあまりパズルに時間を掛けられませんでしたが、へやわけハイパー作れたし、イベントにもいろいろ出席できて、なかなか充実した一年でした。
来年もみなさんの勢いに負けずに、投稿を続けていきたいです。
よろしくおねがいします!
posted by 半袖 at 21:52| Comment(2) | TrackBack(0) | パズル